学生時代のローン生活

「学生さんはお金がない」とよく言われるが、私も学生時代のお小遣には随分と苦労した記憶がある。
中学生までは親に毎月お小遣いをもらっていたのだが、高校に入学してからは「自分で何とかしなさい」と言われ、コンビニやレストラン、酒屋などでアルバイトをしてお小遣いを調達していた。
高校時代は月に3~4万も稼げれば友達と遊んだりするのには特別困らなかったが、大学生になってからはもっとお金が必要になった。
それというのもバイクで旅行することに憧れたのがきっかけで、バイクを購入しようと思い立ったからだった。
バイクを買うのにもお金が必要だが、中型の免許を持っていなかった私には免許を取る必要があった。当時中型の免許は12~13万くらいだっただろうか。当然そんなお金をポンと出せる訳もなく、入学金だけ払って、教習代は授業ごとに払っていく方式をとることにした。
しかし教習以外にも飲み会やらデートやらでお金はかかるもので、なかなか教習代を残しておくのも大変だった。結果的に教習期限ギリギリの10ヶ月くらいかけてようやく二輪免許を取ることに成功した。
免許が取れればあとはバイクを手に入れるだけである。お目当ての車種はもう決まっていたのだが、新車にするか中古にするかでまた悩んだ。普通に考えれば学生はお金がないのだがら中古を選択するところだが、ピカピカのボディに惹かれて50万の新車を選択した。
しかし、当然50万円も持っているはずがない。そこでバイクローンを組もうと考えた。その時参考にしたサイトがこちら⇒http://xn--eckwa1h4e4a5c0971cf9zb.com/

毎月2万くらいを二年間払い続けたのだが、学生にとってローンというのはとても厳しかった。社会人なら基本的に毎日仕事をしてお金を稼ぐことを前提に生活しているわけだが、学生の本文は学業である。別に学業に心血を注いでいたわけではないが、アルバイトは基本的に余った時間でやるものであって、自分やお店の都合で継続できないという事態も考えられる。
たかだか月に二万と思われるかもしれないが、当時学生だった私にはその二万円がとても大きく感じ、プレッシャーだったことを思い出す。

本当にお金が無いときには通学に使っていた定期券を一旦解約し、アルバイトの給料が入ったら買いなおす、というようなこともやっていた。今考えると、我ながらギリギリの学生生活だったなあと思う。

一軒家を購入するときにお金を借りた

結婚して子供が生まれた時にアパートでこのまま生活するか思い切って家を購入するか迷いました。マンションとも考えましたが、将来的に土地を子供に残してあげたい気持ちもあったので家を買うことを決断しました。

お互いの家からはお金を借りないことだけは夫婦で話し合っていました。共働きでしたので多少は生活費と貯金があったのでそれをやりくりすることと、家からお金を借りると場所や間取りなど意見をされることは特に妻がいやがっていました。

家もあまり高くなく、お互いの会社にそこそこ近い場所を中心にさがしていると良い物件にあうことができました。販売している不動産に見積してもらうと貯金と保険をくずせば何とか購入できるところまで積み上げることができました。

頭金をさらに増やすために、独身時代に作っていた定期預金やわずかですが株も売りましたが住宅ローンの返済額がまだきびしいことがわかりました。

そこで本当は道路に面していた家がよかったのですが、隣にある建売住宅をもう一度見学してみると4方が家に囲まれていましたが、家の価格が安くなっていたので乗り換えることにしました。その結果金融公庫と助成公社の2つの住宅ローンを組むことで購入することができました。

2人で返さなければならないと覚悟していたのですが、私名義で借りることができたのは少し驚きました。金額的にはかなりあったので私の収入だけでは不安でしたが、審査が通ったので安心しました。

それまではお金をかりることがきらいで借金に経験がなかったのでとても家を買うことなどできないと思っていましたが、会社の上司が借金できることは信用されているので気にしなくてよいといってくれたことと、借金も財産だと他の人からも言われました。

30代で大きな借金をしましたが、家を買うために決断したことは間違っていなかったと思っています。欲しいものがあるときには借金してでも使ったほうがよいので2チャンスを逃さなくてよかったと実感しています。
【お金を借りることについて】
昨今はキャッシングとローンという二つの言語が持っている意味などが、不明瞭になってきていて、キャッシングだろうがローンだろうがどちらでもとれるような用語だとして、使うことが普通になっちゃいました。

大部分のカードローンを取り扱っている会社では、不安がある融資希望者向けのフリーコール(通話料はもちろん無料)を用意してますから使ってみてください!借入計画をたてるときには、現在(場合によっては過去も)のあなたの状況などについて正確にお話しいただかなければいけません。

融資は希望しているけど利息についてはとにかく払いたくないというのであれば、融資を受けた後の最初の一ヶ月だけは金利を払わなくてもいい、特典つきの特別融資等がしょっちゅう開催中の、消費者金融会社(いわゆるサラ金業者)からの即日融資を使っていただくことをおススメさせていただきます。

もう今では便利な即日融資が可能な、キャッシング会社がいくつもあります。早いとカードが手元に到着するよりも早く、申し込んだ金額が指定口座に振り込んでもらえます。わざわざ申し込みのためにお店に行かなくても、インターネット経由で可能な手続きなのでやってみてください。

ご存知のカードローンの場合は即日融資してもらうことも可能です。ですから午前中に取扱い業者にカードローンを申し込んで、審査が通れば当日の午後には、申し込んだカードローンの会社から新規貸し付けを受けることができるということなのです。

参考サイト…貸し入れ

初めてカードローンを申し込むという場合には、やはりちゃんと審査を受けることが必要です。審査の結果パスしない時は、審査したカードローン業者のスピーディーな即日融資してもらうというのはできないのです。

必ず行われているキャッシングの申込審査とは、融資を希望している人が確実に毎月きちんと返済可能かどうかの結果を出すための重要な審査なのです。キャッシングによる融資をしてほしい人の収入、勤務年数、居住年数の長さなどの情報を基に、キャッシングによる融資を認めてもいいと言える利用者かどうか、その点を中心に事前に徹底的に審査するとのことです。

テレビなどのコマーシャルでも記憶に残っている方が多い新生銀行のサービスであるレイクを申し込む場合、パソコンをはじめ、スマホを使って申し込んでいただいても一回もお店に行かずに、早ければ申込を行ったその日にお金を手にすることができる即日キャッシングも可能となっていておススメです。

即日キャッシングとは、本当に申込んだ日に、申込んだ借入額の入金があなたの口座に行われるのですが、審査でOKが出た場合に同時に、即入金処理まで実行されるという手順とは違うところもあるわけです。

しっかりとしたキャッシング、またはローンなどの周辺情報をちゃんと知っておくことで不安や不信感とか、甘い判断が引き金となる厄介なトラブルなどに巻き込まれないようにしましょう。きちんとした知識を身に着けないと、トラブルに巻き込まれることもあります。

キャッシングにおける審査の現場では、その人の収入金額や、現在までの勤務年数などは確実にみられています。ずっと昔にキャッシングの返済が大幅に滞ってしまったなどの事故についてのデータも、キャッシング業者側に詳しく伝えられている場合が少なくありません。

人並みに仕事についている社会人のケースなら、事前審査で落とされることはほぼ100%ありえません。年収の低いアルバイトやパートの方も待たされることなく即日融資してくれる場合がほとんどだと言えるでしょう。

多様なキャッシングの最初の申込は、ほとんど同じようであっても一般的なものよりも金利がずいぶん低い、キャンペーンで無利息でOK!という期間まである!などなどキャッシングごとのおすすめポイントは、キャッシング会社の方針によって全然違うのです。

貸金業を規制する貸金業法では、借り入れのための申込書の記入にもきちんとルールが定められていて、申しまれたキャッシング会社の担当者によって申込書の誤りを訂正することは、禁止とはっきりと法律に書かれています。ちなみに訂正の必要があれば、訂正する語句の上から二重線を引いて抹消しはっきりと訂正印を押印しないといけないのです。

気になる即日キャッシングしてもらえるキャッシング会社というのは、実は意外とはるかにたくさんあるのです。どの業者さんも、入金が可能なタイムリミット前に、所定の申し込み事務作業が終わっているというのが、利用の条件です。

その日に借りれる金融紹介。

でたらめに新たなキャッシング審査を申込んだ場合には、問題なくパスできた可能性が高いはずの、あたりまえのキャッシング審査ですら、結果が良くないケースだって十分ありうるので、軽はずみな申込はやめましょう。
無利息を説明すれば、融資してもらっても、利息が発生しないことです。無利息キャッシングという名前ですが、もちろん借金ということですから何カ月間も特典の無利息で、借り続けさせてもらえるという状態のことではないので気を付けなければいけない。
いわゆるキャッシングは、大手銀行系列の会社で、多くのところでカードローンと呼ばれていることもあります。普通の場合は、貸し付けを依頼した個人の方が、申込んだ消費者金融あるいは銀行から資金を借りる、小額の融資について、キャッシングと言います。
つまり利用希望者が他のキャッシング会社から総合計額で、本人の1年間の収入の3分の1以上の貸し付けが行われていないか?そのうえで自社以外の他の会社に申し込んで、キャッシング審査をした結果、キャッシングが認められなかったのでは?などに注目して確認作業を行っています。
この頃は、たくさんのキャッシング会社において会社の目玉として、無利息でOKという期間限定サービスを受けられるようにしています。これを使えば借入期間次第で、30日間までの利子は全然おさめなくても済むわけです。

上限はあるもののしばらくの間の、利息が免除されて1円も支払わなくていいという無利息キャッシングなら、ローンを利用した金融機関に返済しなくてはならないお金が、絶対に無利息期間分少なくなるので、それだけお得に利用できます。ちなみに利息不要でも審査項目が、普段よりも厳格になるなんてこともないのでイチオシです。
完全無利息によるキャッシングサービスが出始めたころは、新規キャッシング限定で、1週間だけが無利息という条件があったのです。そのころと違って、今は何度でも30日間以内に返済すればなんと無利息のところが、期間として一番長いものになりましたから、さらにありがたいと言えるでしょう。
昔と違って現在は、非常に多くのキャッシングローン会社が見受けられます。一度は見たことがあるCMをやっている消費者金融(アコム、プロミスなど)であればなんとなくわかったような気になるし、悩むことなく、新たな借り入れの申込みが可能になるのではと考えております。
たいていの場合キャッシングは、申し込みの際の審査時間がわずかな時間で完了し、当日の振り込みが行うことができる時間までに、必要な契約にかかる申し込みなどが完璧に終了できていれば、すごく助かる即日キャッシングで振り込んでもらうことができるようになるんです。

モビットも即日に急ぎで借りることができます。

モビット急ぎ
あまり間を空けずに、多数の金融機関に、断続的にキャッシングの申込を提出している人は、お金に困って現金を集めるために駆けずり回っているような、悪いイメージをもたれ、審査においてかなり悪い方に働いてしまいます。

インターネットを見ていると注目されている即日キャッシングのアピールポイントはたくさん書かれていますが、実際に使いたい人向けのこまごまとした入金までの流れなどを見ることができるページが、非常に数少ないというのが現状です。
ここ数年は即日融資を依頼できる、キャッシング会社がだんだんと珍しくなくなってきました。融資のタイミングによってはカードが手元に届くより先に、申し込んだ口座に送金されるのです。かしこまって本人がお店に出向かずとも、かんたんにネット上で可能な手続きなので時間も場所も選びません。
実際的に安定している収入の方の場合は、申し込み日の即日融資が受けられるのだけど、自営業の場合やパートとかアルバイトの場合は、審査に時間がかかるので、うまく即日融資を受けることができないケースも珍しくありません。
時間が取れない方など、インターネットを使って、新たに便利なキャッシングを申込むときには、パソコンなどの画面で、事前審査に必要な内容を完璧に入力して送信するだけの簡単操作で、本審査の前の仮審査の結果を待つことが、可能になっているのです。
ポイントによる特典を準備しているカードローンだと、ご利用に応じてポイントを付与し、カードローン利用に伴う契約時に定められた支払手数料に、そのような独自ポイントを現金の代わりとして充てることができる会社だって増えてきています。

 

 

学生の時にお金はどうしてましたか?

【就職活動と運転免許取得のときに困りました】

私は、学生時代に3回、お金に困りました。

一度目は、大学2年生の冬です。私は、友人に連れて行ってもらったことをきっかけに、舞台鑑賞にハマりました。舞台のチケットは1回約1万円で、学生がそう何度も通えるものではありません。

あっという間に金欠になってしまいました。このときは、バイトを掛け持ちすることで解決しました。塾講師と肉体労働の両立はハードでしたが、おかげで大好きな舞台をたくさん観ることができました。

二度目は、大学4年生の夏です。私は、3年生の秋頃から就職活動を始めましたが、なかなか内定を得ることができませんでした。

就職活動には、とにかくお金がかかります。証明写真や履歴書代、交通費、外食費などです。

また、いつ面接が入るか分からないため、バイトもほとんどできません。就職活動開始当初は、これまでのバイト代の貯金でまかなっていましたが、4年生の夏に使い果たしてしまいました。

このときは、趣味で集めていた舞台俳優のブロマイドやDVDを泣く泣く売って、お金を作りました。

私のコレクションはマニアにはとても人気のあるもので、全部で5万円くらいになったと記憶しています。その5万円がなくなる頃、ようやく内定を得られました。

三度目は、大学4年生の秋です。上述のように苦労して内定を獲得した私ですが、更なる試練が待ち受けていました。それは、内定先に運転免許を取得するよう命じられたことです。

普通免許を取得するには、学割を利用しても20万円以上かかります。そんな大金はどこにもありませんでした。

しかし、この問題はあっさりと解決することができました。私が大学を3年半で卒業することに成功したからです。私の学部は、一定以上の成績を収めると、3年半(つまり、4年の前期終了時)に卒業することが可能です。
このシステムを利用し、半年分の学費を浮かせることができました。私立大学だったので、半年の学費は約50万円でした。これで、余裕を持って教習所に通うことができました。
【学生時代のお金について】

大学時代に車の免許を取るお金がなくて困りました。今時普通免許を持っているのは当たり前、それがないと身分証明に困るくらいの風潮でした。
が、私の両親は免許取得には絶対反対で、当然代金を出してもくれないし、保証人にもなってくれませんでした。今はわかりませんが、当時はローンを組むためには保証人が必要だったと思います。

親も免許を持っていないので、私が運転することを想像すると怖かったのだと思います。その時の私のバイトはレストランのウェイトレスでした。

時給はたいして高くありませんので免許取得費用をためるには時間がかかりそうでした。バイト代はおしゃれやデートや合コン代に毎月消えていましたので、貯金もありませんでした。

学生ながらにお金を借りてやりくりすることもありましたね。初めて学生ローンを利用した時は怖かったですが、その後は別に気にならないというか仏になってしまっていました。参考になるサイト・・・お金を借りる学生※大学生専用の学生ローンよりも安心できるローン会社

そこでバイトを変える作戦に出ました。今よりも時給の高いバイト。もしくは長時間働けるところ。選んだのはパチンコ屋さんでした。週5日以上、夕方から夜まで、学校がない日は朝から夕方まで働くこともありました。

忙しいので遊びに行く時間もなくなり、2か月ちょっとで免許代をためることができました。そして無事免許を取得することができました。両親はもうそこまでやりたいならしようがない、という感じでした。

無事免許取得したからには、次は車が欲しくなります。でも車代をためる前に全く違ったトラブルが勃発しました。

当時付き合っていた彼氏は、自分の大学の夜間(二部)学生でした。田舎から出てきていて実家が貧しい苦学生です。

またそのシチュエーションが、自分が助けてあげる!という余計な感情を誘います。その彼氏の実家が、ある日学費を払えなくなったというのです。

私は一生懸命バイトして貯めていた数十万円を、彼氏の学費代にと貸しました。

それが本当に学費代に使われていたかなどは、確かめるすべもありませんけど。若かりし日々の過ちですね。その後彼氏は自分のバイト先の女の子と浮気をし、私から別れを告げました。

学生時代に稼いだお金、使ったお金。全ては自分の経験となっていると思います。お金がないなら騒がず稼ぐ!が私のポリシーです。
【借金相談】

ここ10年という間に、消費者金融だったりカードローンで借り入れをしたことがある人・現在も返済中の人は、利息の制限額を超えた利息、すなわち過払い金が存在することもあるので、確かめた方が賢明です。

現時点では借り受けた資金の支払いは済んでいる状態でも、もう一度計算すると払い過ぎているという場合には、法定を越えた支払い分として消費者金融業者に返還請求を敢行する、債務整理の一部だと聞きました。

免責になってから7年未満だと、免責不許可事由と裁定されてしまいますから、過去に自己破産をしているのなら、一緒の過ちを是が非でもすることがないように意識しておくことが大切です。

個々の借金の残債によって、相応しい方法は千差万別ですね。取り敢えずは、弁護士でも司法書士でもOKですから、お金が要らない借金相談をお願いしてみるべきでしょう。

もちろん金銭消費貸借契約書などは先に揃えておいてくださいね。司法書士であるとか弁護士と面談する前に、ぬかりなく整理しておけば、借金相談もストレスなく進むでしょう。
今日この頃はテレビを見ていると、「借金返済に窮したら、債務整理で解決してみては。◯◯法律事務所なら安心です。」みたいに流されていますが、債務整理と言っているのは、借金にけりをつけることです。

銀行系とされるクレジットカードも、任意整理の対象ですから、カード会社に任意整理の通知をした段階で、口座が一時的に凍結されるのが当たり前となっており、使用できなくなるとのことです。

借金返済の力がない状況だとか、貸金業者からの取り立てが物凄くて、自己破産しかないなら、早急に法律事務所を訪問した方が正解です。

弁護士に債務整理のお願いをしますと、金融機関に対して直ぐ介入通知書を郵送し、返済を中断させることができます。借金問題を乗り越えるためにも、実績豊富な弁護士に依頼しましょう。

平成21年に裁定された裁判が強い味方となり、過払い金の返戻を要求する返還請求が、お金を借り入れた人の「ごくごく当たり前の権利」として、世に浸透したわけです。
債務整理をしたいと考えても、任意整理の話し合いの途中で、消費者金融業者が強圧的な態度に出たり、免責してもらえるか不明だというのなら、弁護士に託す方が堅実です。

債務整理後でも、自家用車のお求めは可能です。ただし、現金のみでの購入ということになりまして、ローンをセットして手に入れたいとおっしゃるなら、しばらくの期間待つことが要されます。

連帯保証人だとすれば、債務の責任はずっと付きまといます。要するに、申立人が裁判所から自己破産を認められたとしても、連帯保証人の債務まで消滅するなんてことはないという意味です。

色々な債務整理の手段があるわけですので、借金返済問題は必ず解決できます。繰り返しますが無茶なことを考えることがないように気を付けてください。

ゼロ円の借金相談は、公式サイト上の質問フォームより行なうことができます。弁護士費用を用意可能かどうか懸念している人も、予想以上に低コストで支援させていただいていますので、安心して大丈夫です。

女性専用のレディースローン

レディースローンや女性キャッシングと呼ばれる、女性を対象にしたローンやキャッシングが近頃話題になっています。これは、女性のみが利用可能ということだけでなく、受付対応やオペレーターも女性を多く配置している、ということも特徴のひとつ。
ローンやキャッシング、消費者金融の利用を考えたときに、女性だけで借りようとすると店舗に入りづらいという声に合わせた措置といえます。こうした工夫をすることにより、ターゲットである女性が抵抗なく利用できるようにしているのですね。

レディースローンのなかでは、女性ならではの計画性や、几帳面さを考慮したうえで、利息の軽減、融資の枠を拡大するなどのサービスを積極的に行っている会社も多いので、しっかりと利息を比較するとお得に借りることも可能です。

こうした女性専用のローンやキャッシングが出てきたのには、近年の法改正により、キャッシングの利用枠が年収の1/3と定められ、無収入の方は原則借り入れができなくなったことが背景にあると考えられます。

これにより、収入のない主婦は原則、キャッシングができなくなりました。生活費が足りないときにキャッシングで補填していた主婦の方はとても困ったといいます。レディースローンでは、通常のローンなどと同様に審査されますが、会社によっては多少その審査が緩やかなところもあるため、利用開始のハードルは低めのようです。

ただ、どんなサービスにしろ、キャッシングやローンなどお金を借りる行為であることに変わりはありません。利用する場合は、利息などの条件をしっかりとチェックし、無理のない借入をすることは大前提であるといえます。
レディースローンとは女性専用のローンやキャッシングのことをいいますが、果たしてどのような特徴があるのでしょうか。

主婦の方なら、「予想外の出費がかさんで、今月の生活費が足りない・・・」独身の方でも、「友人の結婚式が続き経済状況がピンチ」、なんて経験、一度はあるのではないでしょうか?

そんなとき、ローンやキャッシングも選択肢のひとつですが、こうしたサービスを行っている店舗に一人で入っていったり、電話をかけるのは抵抗がある、と言う女性の方は多いと思います。

レディースローンはその抵抗を少しでも少なくするため、オペレーターや受付など、お客様と接する場所には女性が配置されていることが多いのです。

対応してくれるのが女性なら、主婦としての事情を分かってもらいやすいこともメリットのひとつ。少しでも、負担なく借りることができると嬉しいですよね。近頃は、来店することなくインターネットや電話で手続きがすべて完了し、振り込みを行ってくれるサービスを行っている会社もあるので、来店に抵抗がある方は、そうしたサービスを利用するのもオススメです。

利用する際の注意点ですが、会社やサービスによって利息が異なるのは通常のローンやキャッシングと同様です。自分の収入と借り入れのバランスをしっかりと把握し、無理のない返済プランを立てることが重要なのは、言うまでもありません。

レディースローンだからといって飛び付かず、きちんと信用のある会社なのかチェックすることも大切です。

レディースローンと一口にいっても、種類はさまざまなものがあります。レディースローンとは女性専用のキャッシングやローンのことをいいますが、扱っている会社もさまざまです。今回は、そのなかでも大手のものをいくつか紹介してみましょう。

まずは、新生銀行の運営しているレディースレイク。「レイク」はCMもよくやっていますので、知っている方も多いかもしれませんね。主婦やパート、アルバイトの方でも、安定した収入があれば借りることができます。

専任の女性スタッフが対応してくれるので、はじめてで不安な方でも安心して利用でき、インターネットのサイトを見てみても、<u>返済のシミュレーションができたり来店不要で申し込むことができたりと、サービスも充実</u>しています。

もうひとつは、レディースフタバ。「女性スタッフによる女性だけのローン」と銘打っているだけあり、インターネットのサイトもやわらかいピンクの女性らしいデザイン。こちらも、女性スタッフが対応してくれるということで安心です。

そして、申し込んだ後の連絡を「個人名」でしてくれるなど、配慮も行き届いています。家族に知られずにキャッシングを行いたいと思う主婦の方などは、こうした配慮が嬉しいのではないでしょうか。

いずれのレディースローンも、一般的には小額の借り入れを対象としているところが多いので、大きな額を希望される方には向かないかもしれません。下調べをしっかりと行い、無理のない返済計画を立てたうえで、借り入れは行いたいものですね。
キャッシングやローンなどのお金の借り入れを行うときは、サービスを比較して少しでも自分に合ったものを選ぶのが鉄則。レディースローンでもそれは同じです。

レディースローンは女性専用のキャッシングやローンのことを言いますが、メリットとして「対応スタッフが女性であり安心できること」「主婦やパートやアルバイトでも安定した収入があれば借り入れが可能なこと」などがあります。

そのメリットを利用するのはもちろんですが、利息、返済のしやすさなどを総合的に比較して借り入れ先を選ぶのが大人の選択です。その際には、レディースローンのみならず、一般のキャッシングやローンなどの含めて総合的に比較するのがオススメです。

比較するポイントとしては、まず利息。これは言わずもがなですね。

そして、借り入れの限度額。レディースローンとしては、小額に設定されているものが多いですが、これは収入の少ない主婦を対象にしているものでは致し方ないといえるでしょう。

逆に正社員などで働いている場合は、どの会社でも大きな額の融資を受けることができます。いずれにせよ、限度額が大きすぎても返済が滞ってしまっては意味がありません。自分に合ったものを選びたいですね。

<u>申し込みから融資までの期間も、急ぐ方ならチェックしておきたいところです。</u>今は即日融資のところも多いので、使い勝手のよいところを選びましょう。そして、借り入れ後のサポートやインターネットサイトの使い勝手も、チェックしておくとよいと思います。

借り入れ後、返済日の前にメールでお知らせしてくれたり、返済のシミュレーションが行える、などのサポートが充実しているところは便利です。
主婦でも使えるキャッシングやローンとして、レディースローンが話題になっています。

近年の法改正で、キャッシングの利用枠について大きな変化がありました。これまでは、カードを作る際に決められた限度額に応じてキャッシングを行うことができましたが、「総量規制」という仕組みにより、借入総額が年収などの3分の1に制限されるようになったのです。

過剰な貸し付けを防いで消費者を守るという利点がある一方で、この仕組みには、主婦など自らの収入が少ない人にとってはいままで利用できていたキャッシングなどが利用できなくなる、というデメリットもありました。

専業主婦の方でも、家族の収入証明をもとに借り入れを行うことは可能ですが、今まで自分の名でできていたものができなくなるのは、何かと不便ですよね。※詳しくは・・・専業主婦でも借りれる総量規制対象外ローン

様々な出費がかさんで、生活費をキャッシングで補填する・・・なんて利用の仕方は、主婦の方では経験したことのある方もいるのではないでしょうか。

そんな背景もあり、女性の方から人気になったのがレディースローン。これは、女性専用のローンやキャッシングのことをいい、主婦であっても、パート収入やアルバイト収入など定期的な収入があれば簡単に利用することができます。

また、受付やその後の対応を女性スタッフが行ってくれる会社が多い、というのも特徴のひとつ。キャッシングのことを家族に知られたくない、など、同じ女性ならではの悩みも考慮してくれることもレディースローンの嬉しいポイントです。

三井住友のカードローン

私は、審査が簡単にできるということで三井住友カードローンを使わせていただきました。借りた理由については結婚式の頭金として借りることにしました。

借り入れ総額で限度額500,000円でしたのでそのまま500,000円を借りることにしました。まず私がカードローンを借りるにあたって失敗したことはやはり、金利の確認と全額を限度額いっぱいまで借りてしまったことが失敗したと思います。

なぜならば、結婚式の頭金のために借りたのですが頭金を多く入れようとしたため500,000円を入れたのはいいのですが、結婚式の最終の費用もローンで支払う予定でしたので、返済が三井住友のローンと結婚式のブライダルローンの多重の支払いで月々の支払いがかさんで返済が対円でした。

特にカードローンの毎月の利息が半分以上でなかなか元金が減らなく多く返したらよかったのでしょうが、ブライダルの方でも返済がありなかなか返し切れるのには月日がかかりました。

きっと月々の最低支払額よりも多く払えていたらもっと楽に返済できたでしょう。そもそも頭金を300,000円くらいにしてをけばよかったと今でも思います。

けれども、頭金を急いで入れなければいけなかった私にとってすぐにかりれたことはよかったと思います。また、大手の銀行さんだったので時折の電話対応や相談に乗ってもらえて心なしか安心できたと思います。

あとは金利をもう少し抑えてくれれば利息も少なく済んでよかったと思います。でも、素敵な結婚式が無事あげられたのは三井住友さんのおかげだと思っております。